<< 汚ない | main | 次の展開 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | スポンサードリンク |

団鬼六

『ナメてかかれ!』のなかで実相寺監督との対談が凄く面白い。

監督は鬼六先生の『伊藤晴雨伝』をやりたかったみたいだが、その要素は後の『D坂の殺人事件』の中の随所に見ることが出来る

真田広之は伊藤晴雨がモデルなのは明白だが、乱歩の世界をこの上ない空気感で表しているし、同じ乱歩作品『心理試験』も織り込んでいるという優れた脚本

当時の『シナリオ』誌採録を読むと、ほぼ忠実に映像化されている(あくまで実相寺演出を念頭においてかかれてはいるが)

乱歩映画としては随一だが、鬼六ものとして観てみることが出来るかもしれないと

この機会に提案してみる
| 映画のこと | 22:10 | comments(0) | miyamiyaZAKI |

スポンサーサイト

| - | 22:10 | - | スポンサードリンク |

Comment

Send a message










Trackback URL

http://miyamiyazaki.jugem.jp/trackback/30

Trackback